ゆばら音泉はんざきLIVE2020~ライブレポ


20200216_133123.jpg

先日の日曜日は半﨑美子さんのコンサートに行って来ました。

半﨑さんのライブはイベント出演も含めて
もう何度も行っていて
多分、今回が8回目になりますが
何度参加しても涙崩壊事件が発生します。

既に”半﨑さんインフル”への免疫は出来ているはずなのですが
今回も打ちのめされちゃいましたね!!
それぐらい感動の るつぼでございました。

ファーストソングの♪種
サビの部分を半﨑さんのアカペラで歌い上げるところから始まり、
Aメロに戻ってからピアノ演奏が加わっていき
2コーラス目からアコーディオンとパーカッションが加わっていくパターンねっ。
(うるさくてゴメンね、笑)
今まで聞いてきたことのある♪種とは少しアレンジされていて
少しスローペースな感じで新鮮でした。

申し遅れましたが、今回のコンサートは
ピアノ(櫻田泰啓さん)、アコーディオン(新井武人さん)、
そしてパーカッション(入倉リョウさん)の3人による
アコースティックバージョンによる超絶しっとりなコンサートでした。

♪種に続いて♪稲穂・・・
後半のゴスペラ調の「アメイジンググレイス」...
リバーブの加減と響きが良くて
半﨑さんのファルセットがとても伸びやかに
会場いっぱいに響いていました!
これまでの「ゆばら音泉はんざきLIVE」の中では
一番音響が良かったと思わせる代表的なシーンでした。
更にその「アメイジンググレイス」の部分に移った瞬間、
照明もガラッと明るくなり思わずオッとなるような
ベストタイミング&ナイスな照明だったなあ~

♪お弁当ばこのうた~あなたへのお手紙~に続いて、
私にとってはライブでは初めてでありレア曲の♪深層...
楽しい曲から一転、ディープな曲への移行...
更にはもう一度現実へと引き戻してくれる
ソフトな応援ソング♪心の活路のセットリストは
半﨑さんの曲紹介と共に心を打たれました。

「ここまでバラードが続きましたが
このあともバラードです」のMCで我に返ることが出来ました(笑)

♪大阪恋時雨・・・
いまさらでございますが
半﨑さんの過去曲ながら天童よしみさんが
昨年カバーリリースされた楽曲ですが
「歌のほうが先に紅白出場ということで、
私もあとを追っていつか出たいなあ...」というギャグも炸裂してウケました!
天童よしみさんが歌う♪大阪恋時雨はやっぱり演歌調ですが
半﨑さんの場合は持ち前のジャズっぽい面だったり
シャンソンっぽい面も感じさせながら
いい意味で まったりとした歌でした。


これより2曲続けてピアノの弾き語り・・・
私は冒頭にも書きましたが今回で8回目ですが
初めての弾き語りだったので嬉しかったです!

まず、半﨑さんが北海道から上京した
当時の頃を回想しながらのMCと重なって深く感動&感涙。

♪明日への序奏・・・



そして、私が最近、一番大好きでライブではお初の ♪母へ・・・
自分の亡き母のことを想い出しました。
私の母が天国に逝ったのが24年前の春でした。
私の母は享年56歳だったので
自分もその年齢を超えて
生きること、生きていること、生かされていること・・・
半﨑さんの「母へ」は
そんなことを考えさせてくれると思います。
今という時間をたいせつに・・・

半﨑さんのピアノ弾き語りによるものでしたが
ピアノ越しに居るであろう半﨑さんの母に向かって
語りかけているような....そんなシーンでした。




ここでサプライズ的に
ポケットシスターズさんがステージにあがって
半﨑さんとのコラボレーションがありました。
私の仲良しさんのMちゃんも出演しましたよ~
前回「ゆばら音泉はんざきLIVE~2017~」の時は
「♪稲穂」「♪明日へ向かう人」のコーラスでしたが
今回は意外と意表を突いた形の ♪歓びのうた でした・・・
ポケットシスターズさんの担当はゴスペラ調にハーモニーを付けること...
この2ヶ月間は毎週週一の練習を重ねたとのことで。。。
それがとってもお見事でございました!!


♪はんざき音頭・・・
普段はあまり歌わない曲らしいのですが
もう「湯原」となれば
ほぼほぼテーマソング的な
この歌なくしてはありえませんよね!
バンドメンバーも含めてみなさん
”ハンザキ祭りの法被”を羽織って盛り上がりましたね。


♪サクラ~卒業できなかった君へ~・・・
♪はんざき音頭からの♪サクラへの繋ぎのMCは難しいなあと思ったけど、
曲紹介についてはさすが半﨑さんでした!
アコースティック調の♪サクラ・・・
心に伝わって来たのは言うまでもありません。


今回のツアー&イベントタイトル曲でもある、♪明日を拓こう・・・
私も涙崩壊シーン(楽曲)のひとつがこの歌でした。
四分の三拍子、ワルツ調でありながら
大河ドラマを彷彿とさせるようなリリックと
広大な北海道をイメージさせる力強い歌は感動でした。




アンコール・・・
いつもながらですが
ステージから はけてから
戻って来られるまでの半﨑さんの素早さって なかったです(笑)

ここで、太田昇(真庭市長)さんの花束の贈呈もありました。。。

3/11発売のニューシングル「♪布石」を
今回のコンサートのアンコールで
なんと!半﨑さんご自身にとっても初披露として
「はんざきLIVE」で歌って下さいました。
明るくミディアムテンポのこの曲、
半﨑さんの曲紹介のMCが”布石”となって
MCも歌の時もこの日一番の涙となりました。
お客さんもきっと一番の涙になったことでしょう。。。



ラスト曲はやっぱり”サンキューソング”の♪感謝の根でした。
大サビの
「ありがとうそっと見守ってくれて
ありがとうずっと支えてくれて」の部分を
マイクを離して
半﨑さんの自声だけで歌ったシーンは圧巻でしたね。



真庭(まにわ)においてのホールライブは
半崎さんにとって念願のライブだったそうです。
それが叶った今回の「はんざきLIVE」、大成功でした!

総じて、この日のセットリスト、
練りに練り上げられたものだということが
充分伝わってきたコンサートでした!!

アコースチックライブゆえの緊張感と
手作りコンサートへのこだわりとの調和は
会場いっぱいの感動となったと思います。

ありがとう半﨑美子さん、
ありがとう 「ゆばら音泉はんざきライブ実行委員会」さん!!





ゆばら音泉はんざきLIVE2020

〜半﨑美子 明日を拓くコンサート〜

2020年2月16日(日)
開場 13:00 開演 14:00 

@勝山文化センターポンテホール
〒717-0013 岡山県真庭市勝山319

ボーカル:半﨑美子
ピアノ:櫻田泰啓
アコーディオン:新井武人
パーカッション:入倉リョウ
サプライズ出演:ポケットシスターズ

~セットリスト~
1)INTRO
2)種
3)稲穂
4)お弁当ばこのうた~あなたへのお手紙~
5)深層
6)心の活路
7)大阪恋時雨(short ver.)
8)明日への序奏
9)母へ
10)歓びのうた
11)はんざき音頭
12)サクラ~卒業できなかった君へ~
13)明日を拓こう
En.
14)布石
15)感謝の根


※関連記事




よかったら、励ましの意味でポチッとしてね?
↓  ↓

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村






a:788 t:1 y:2

コメント


認証コード0082

コメントは管理者の承認後に表示されます。